グルメ・クッキング

小そば

今日は仕事帰りに待ち合わせて、3人で俺の大好きな信濃町「メーヤウ」へ。

こちらがカレー天国への階段。
P1130214
ちょっと怪しい。
ランチタイムはこの階段の上まで並ぶ。

こちらが入り口。
P1130212
一見するとちょっとヤバそうなお店。

入り口の傘立てに手書きの看板が・・・
P1130213
これは何であるんだろう?
ないほうが良いと思うんだけど。
まあ、味があっていいか。

こちらが店内。
P1130194
中途半端な時間に行ったので、お客は一人しか居なかった。
こんなに空いてる時に来たのは初めてだ。

こちらが「Aセット(カレーと小そば)」(1050円)。
P1130199
カレーは甘口、辛口、大辛から選べるけど、ここではもちろん大辛に決まり

いつも一人で来ている時は、セットの「小そば」が凄く気になるのに、量が多そうで頼めなかったけど、今日はカミさんと渚吾がいるので思い切って頼んでみた。

こちらが気になっていた「小そば」。
P1130201
通常メニューの「牛肉煮込みそば」の小サイズのことのようだ。
そばとは言うけど、米粉で作られた麺なのでフォーだね。

気になる味は・・・・・、これは・・・・美味い
鶏の出汁が効いたあっさりスープにツルツル麺が絶妙。
また、3切れ程入ってる牛角煮は五香粉の香りがしっかりついているので、一気に心がアジアに・・・・。

ん〜〜〜、これは美味いな〜。
ただ、このセットにすると量が多すぎるので、これだけ食べたい時はレギュラーメニューの「牛肉煮込みそば」(730円)を頼むことにしよう。

大辛カレーは食べれないので、「小そば」をメインで食べる。
P1130206
渚吾もツルツルと相当食べた。

ん〜〜〜、やっぱりここは美味い
渚吾がもう少し大きくなったら、一緒に大辛を食べたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

担々麺

今日は久しぶりに「ウェスティンホテル東京」の「龍天門」でランチ。

こちらが入り口。
P1110768

まずはおしぼりを貰って、本を拭く。
P1110750

まずは飲茶の中で大好きな「黒椒蒸魚腩」(600円)。
P1110752
名前は読めないけど、メロの黒胡椒蒸し。
メロは昔の呼び方では「銀ムツ」。
これがまた、超美味い
メロの脂ののった身に黒胡椒が抜群に合う。

ここのランチの定番「担々麺」(1,680円)
P1110762

P1110758
見た目には分からないけど、今日はいつもの「冷たい担々麺」ではなく「温かい担々麺」。
ちなみに、違いは冷たいか、温かいかだけではない。
人気の「冷たい担々麺」はゴマペーストで作られていて、「温かい担々麺」はクルミペーストで作られているので、味が全然違う。
いつも「冷たい担々麺」を食べているので、今日初めて「温かい担々麺」を食べたけど、個人的には「冷たい担々麺」の方が完成度が高いと思う。
「温かい担々麺」はかなり美味しいんだけど、「冷たい担々麺」程の感動がなかった。
今度からはまた「冷たい担々麺」にしよう。

箸袋を電車に見立てて遊ぶ。
P1110763
いろんなおもちゃを与えていると、電車のおもちゃは電車としてしか見れなくなるから、電車の遊びをする時は必ず電車のおもちゃが必要になるけど、いろんなおもちゃを与えていないと、そこにあるものでそれらを想像できるようになるから、想像力が増すんだよね。
何でも工夫するということも身に付くし。
箸袋で電車遊びが出来るのは、なんとも嬉しい事だ

子供を確実に不幸にする方法は、いつでも何でも与えることである」とフランスの思想家ルソーは言っていたけど、本当にそうだと思う。

あと、予約時にカミさんの誕生日が明日である事を伝えていたので、お店からマンゴープリンのサービスが(ここで誕生日と伝えると、いつもこれがサービスされる)。
P1110765
ん〜〜〜、カミさんからちょっと貰ったけど、やっぱり美味い

美味しい物を食べると、ほんと良い刺激になる

しかし、天気が悪いと憂鬱になるし、なんか疲れるね〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毎週末

前からよく通っていたけど、ここ何ヶ月かは毎週末通っている恵比寿の「九十九ラーメン

渚吾が食べれるようになったというのもあるけど結構な頻度だ。

店員の方はテキパキしていて、とっても活気がある。
P1080560
渚吾は店員の人に遊ばれていることが多い。

こちらが大好きな「九十九ラーメン(650円)」
P1080562
有名なのはチーズたっぷりの「元祖マルキュー味噌チーズラーメン(900円)」だけど、俺とカミさんはとんこつの方が好き。
歯ごたえのある麺と、こだわりのとんこつスープがたまらない
ランチタイムだとトッピング等を2品選べるのでお得
(ちなみにトッピングはいつもライスと海苔)

テーブルの上には薬味が3品。
P1080566
左から「激辛高菜」「ぴり辛もやし」「ねぎ」。
基本的に「ねぎ」を大量に入れ、「ぴり辛もやし」は食べるタイミングで入れる。
「激辛高菜」はライスに入れて食べる(激辛高菜は本当に激辛)。

渚吾は手掴みで食べる。
P1080565

P1080564
今日は相当お腹が空いていていたのか、カミさんの麺を半分近く食べてしまったので、カミさんは替え玉を頼んだ。
俺もちょっともらったけど、死ぬ程お腹がいっぱいになってしまった。

しかし、相変わらず美味い
ちょっと行き過ぎなのでセーブしたいけど、ついつい行ってしまう。

渚吾はいつ頃一人で一杯食べれるようになるんだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15年早い?

今日、カミさんはママトモの桜さんと渚吾と同じ誕生日で同じ病院で産まれた未来ちゃんとランチをしたようだ。

まったく同い年の未来ちゃんと渚吾。
P1070308

仲良く花を楽しむ。
P1070316
なんか、いい雰囲気だね〜。

看板の下でちょっと休憩。
P1070321
大人では真似の出来ないところに座ってる。

ここのところカミさんと渚吾は精力的に外に出て、いろんなことをやってる。
渚吾の成長過程ではいいことだと思う。
いろんな友達にあって、いろいろ感じてくれれば・・・。

あと、俺のことを。
仕事で夕方、信濃町に行ったので、その帰りに大好きなタイ料理「メーヤウ」の大辛カレーをお持ち帰りで買って帰った。
(朝から計画済み

2人前のカレーと、アジア料理に欠かせないナンプラー。
P1070334
お持ち帰りはルーだけだと1人前550円
ん〜〜〜、安い

フタを開けると、こんな感じ。
P1070335
どうだろう、この恐ろしく辛そうな感じは。
あ〜〜〜〜、たまらん。
ちなみに具はじゃがいも、チキンとゆで卵。

家で炊いたライスと。
P1070340

ルーをすべてご飯にかけ、グチャグチャに。
P1070341

いや〜〜〜〜、やっぱりめちゃくちゃ美味かった。
ナンプラーを大量にかけて、食べると死ぬほど美味い。
カレーではここのカレーがダントツで、今、完全にハマっている。

親が大辛カレーを食べている時の渚吾。
P1070343
いつもは、人の食べ物を欲しがるけど、今日は全くあげなかったので、諦めたのかお利口に本を見てた。
渚吾にこのカレーは15年くらい早いね(デートもね)。
早く一緒に食べたいけど・・・(その頃まで店があるかな)。

この後は、渚吾とたっぷり遊んだ。
ほんと成長が早いので毎日を大切に、出来るだけ渚吾と一緒にいたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷やし担々麺

恵比寿ガーデンプレイスの「ウエスティンホテル東京」2階にある中華料理の「龍天門」に行って来た。

ここは予約をしないとなかなか入れない中華料理の有名店。
カミさんの誕生日や何かお祝い事の時に行くようにしてるお店。

ただ、ランチタイムは別で、お祝いごとじゃない時にもお目当てのものを食べにタマに行く。

そのお目当てのメニューは・・・・・・・、ちょっと有名になりすぎた隠れメニューの「冷やし担々麺」(メニューには載っていない)。
担々麺は普通暖かいものだけど、ここでは冷やし担々麺が食べれる。

暖かいものが冷やしになることのインパクトだけど、「え担々麺って、冷やしでしょ」って言いたくなるほど自然な感じ。
これには驚かされる。

実は何度も食べているけど、食べれば食べるほど、その奥深さに驚かされる美味しさだ

ただ、渚吾はまだちょっと食べれないので、もう少し大きくなるまでお預け。
渚吾、もうちょっと我慢してくれ。

もちろん、お店に来てもまず読書。
Dvc00749

これが冷やし担々麺(1620円/杯)。
Dvc00748

渚吾は食べれないので、セブンイレブンで買ったパンを食べる。
Dvc00747

う〜〜〜〜ん、やっぱり美味いので、渚吾には悪いけど近々また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下一品!

無性に食べたくなるラーメンがある。

それは京都ラーメンの「天下一品」(京都のラーメンって知らない人が多いかも)。

ここのラーメンは「あっさり」と「こってり」と2種類のラーメンがあるけど、有名なのは、食べにくる人の9割が注文する「こってり」。

「こってり」はどろどろのスープのラーメンで、結構好き嫌いがはっきりするラーメンだけど、これを食べなきゃ「天下一品」じゃない。

ほんとどろどろだからね〜。
でも、どろどろだから麺によく絡んで、いいんだよね〜。

いや〜、久しぶりに食べたけど、旨かった〜
ただ、食べ終わると、あまりのこってりに当分はいらないと思うんだけどね

しかし、京都ラーメンと聞くと、あっさりした上品なラーメンが多いように思われるけど、実際はこってりした濃厚なラーメンが京都ラーメンなんだよね。
(京都人の俺が言うから間違いない)

渚吾は座敷で悪さばかり。
Dvc00686

食べ終わった後は、変な姿勢で読書タイム。
Dvc00685

ちなみに渚吾は抵抗なくスープを飲んでた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)