« 暑いから食べたくなるのもわかるけど | トップページ | 久しぶりの大会 »

そろそろ理解しないと

台風が近づいてるからか、今日は曇り空でちょっと涼しいですね。

これくらないなら、過ごし易い・・・・

あっ、そうそう、とあるネットの記事を読んでたら、私が気にしてる日本人学生について書かれていたので、ちょっと書いておきます。
※文章は竹中平蔵氏です。

==========================================
 早稲田塾が主催する「世界塾」の海外研修(香港・シンガポール)が7月27日から8月2日まで開かれた。「世界で活躍できる人財を育成する」ことを目的として、年間の講義(5月から12月)の途中で海外研修を行い、高校生の参加者にグローバルな体験をしてもらっている。今年で3回目だ。

-省略-

 香港の高校生はもちろん中国語と英語ができるけれども、日本語もできる。また、日本と違って、受験勉強=“覚える”勉強ではなく、“考える”勉強をしているので、ディスカッションで日本の高校生をリードしていく。

 英語のハンディがある日本の高校生は、“考える”ということについてもショックを受ける。自分たちがやっている勉強は“覚える”ことで、一見知識があるようだけれども、ちゃんと物事の本質を考えて議論することができない――。そうしたカルチャーショックを受けるのである。グローバルな競争とはどういうものかを、香港の高校生とのディスカッションに垣間見るというわけだ。

-省略-

 変化の激しい世界では、つねに「なぜなのか」と考えながら基礎力をつけることが重要だ。過去のケースを丸暗記しているだけでは、変化に対応することはできない。「過去はこうだったから」というのも、日本でよく見られる議論である。

 「世界塾」の海外研修に参加した高校生たちはグローバル競争の現実を肌で感じることができたと思う。こうしたグローバル教育は現在、日本中でますます求められるようになっている。一橋大学では今後、学生を全員留学させる方針が打ち出された。

 グローバルなコミュニケーション能力、グローバルに生きていく能力を持っていなければ、これからの世界で日本人が生き残ることはますます難しくなっていく。そうした認識を、日本社会が感じ始めたのだろう。
==========================================

なんとも私が危惧してることが書かれてる。

小さい頃から、学校の試験勉強ばかりやり、物事の本質を考えるのではなく、いかに点数を取れるかという、手法や暗記ばかりの勉強をする日本。

親も点数が良いと喜ぶので、子供はより親を喜ばせようと、小手先の技術を学び、理解したかどうかより、点数を上げることに注力する。

特に「公◯式」という勉強は、何度も何度も繰り返し同じような問題を解き、その問題の解き方を身体にしみこませ「この問題が出たら、こう」と即座に対応できるようにする為だけであって、全く賢いというのとは程遠い、決まり切った問題を解く専門家を作るだけ。

前にもブログで書いたけど、解き方を知ってることが大事ではなく、その問題が何を意味し、それが現実世界でどう利用できるのかということを考える方が、よっぽど大事である。

何かを知っている、覚えているというのは、単なる雑学や知識であって、頭がいいということではないことを、そろそろ理解しないといけない。

日本では「考える勉強」ではなく「覚える勉強」ばかりしているので、知らず知らずの内に、世界からどんどん置いてけぼりをくってる。

物事には本質というものがあり、何かが起こるには原因がある。
原因、本質を理解しないで、単なる言葉や公式を知っていても、分かってるとは言えない。
暗記するのに時間をかけても、何の意味もない。
どうせ、直ぐ忘れるんだったら、最初からやらない方がいい
人生限られた時間しかないのに、そんな暗記勉強をしてるのは、はっきり言って、時間の無駄。

学校でいい成績をとったら、いい大学に入れ、いい会社に就職できるなんてことを、今でも思ってる親が居るとしたら、それは相当ヤバイと思う。

そんな時代はとっくに過ぎ去っていて、今は個人の能力が如何にあるかが大事な時代。

今後グローバルで仕事をするのが当たり前の時代になったら、今までこういう大学に行ってました、こういう成績でしたなんていうのはどうでもよく、今、あなたは何が出来て、どういうことが他の人と違うのかを証明することが重要になってくる。

今はインターネットなどを使って簡単に個人でも起業が出来る時代。
学歴などに拘って、考えるということの出来ない人間になるのは、相当勿体無い。

時代が変わってるということを認識し、考えられる子供を育てるよう親の思考もどんどん変えていく必要があると思う。

で、今日の渚吾なんだけど、起きてきた時の顔を見ると何か変。
P1090013
分かりますか?

実は渚吾の左目なんですが・・・・

ものもらいが出来てるんですよね。
P1090016
結構ガッツリと。
目やにもいっぱい出てるし。

なので、朝食後に眼科に行って、目薬と飲み薬を貰ってきた。

私も子供の頃はよく出来たけど、大人になってからは出来ないもんだね。

今日の昼食は、持ってきたパンを「atre目黒」の屋上で。
P1090017

P1090020
大好きな黒糖パンをガブリ。

もちろん「atre目黒」に来てるので、本屋で座り読みを。
P1090022
渚吾にとって、本屋が近くにあるのに、行かないのはあり得ない。

本を読んだ後、お腹が空いてた渚吾は、盆踊りでもらった「歌舞伎揚」を。
P1090023
なんか、悪そうな食べ方やな〜〜〜

「歌舞伎揚」だけでは足りず、持ってきてたドライマンゴーも。
P1090024
相変わらずの食欲。

家に帰ってからは、ちょっと実験を。

子供の頃誰もがやるドライアイス。
P1090031
ちょっとビビってる。

P1090032
初めて見た時は、不思議だったよね〜〜〜

P1090035
ちょっと慣れたみたい。

P1090036
吸ってるし。
って、あかんやろ。

P1090038
煙をすくってる。
これは分からんでもないね。
ドライアイスを水につけると、煙のようなものが出るというのは分かったけど、では、何故、煙のようなものが出るんだろう?
今度、調べてみよう。

P1090045
なに?

またまたお腹が空いたので、グレープフルーツを。
P1090047
恐ろしい食欲。

P1090048
え?

久しぶりにLEGOを。
P1090055
ただ、散らかしただけだった・・・・

カミさんと二人でババ抜き。
P1090056
二人だと、誰がババを持ってるか分かるから、せめて三人でやらないと。
でも、どうしてもやりたかったみたいだから、しょうがないけどね。

いや〜〜〜台風が近づいて来て、明日は天気が悪いみたいだね〜〜〜
ちょっと涼しくはなるのかな。

|

« 暑いから食べたくなるのもわかるけど | トップページ | 久しぶりの大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ理解しないと:

« 暑いから食べたくなるのもわかるけど | トップページ | 久しぶりの大会 »